長い歴史を持つ|永遠を誓い合ったなら結婚指輪をプレゼント|和のテイスト
新郎新婦

永遠を誓い合ったなら結婚指輪をプレゼント|和のテイスト

長い歴史を持つ

男女

高度成長期生まれの指輪

婚約指輪の起源は古代ローマ時代の約束の印として交し合う鉄の輪だと言われています。古代ローマというと紀元前から始まっていますから、かなり大雑把に計算しても2千年位前という事になります。それが2世紀位には金の指輪を恋人に贈るようになったと言いますから、貴金属を恋人達が使い始めたのは19世紀も前になります。日本では婚約指輪が広まったのはもっとずっと後で戦後の1960年代になります。この頃は経済成長の著しい頃でしたから、好景気の影響を受けて貴金属や宝石の付いた婚約指輪を多くの人が求めるようになったのでしょう。21世紀に入って不景気と声高に叫ばれるようになってからも婚約指輪は依然として多くの人に求められていますから、結婚を大切に考える人が多い事の証なのでしょう。

男性が女性に渡す時

仙台は杜の都とも呼ばれ東北随一の都市で、宮城県の県庁所在地となってます。仙台には都会らしく多くのブライダルジュエリーのショップがあります。国内のブランドや海外のブランドなどが仙台駅周辺に多く集まっています。仙台でも他の地域と同様に男性は婚約指輪をいつ渡すかと悩む事が多いようです。そんな男性のために女性が喜ぶシチュエーションをいくつかご紹介します。サプライズで渡すのなら高級レストランのディナー中に渡す、初デートなどの思い出の場所で渡す、海や夕日などのロマンチックな場所で渡すなどが男性が指輪を渡すシチュエーションで多いケースです。男性は婚約指輪を選ぶのには日頃から女性の好みを把握しておく必要があります。